事例紹介

杭泥改質について

自ら利用で建設汚泥の処理コストを削減


杭泥改質について

建設現場の杭工事や地盤改良工事により発生する建設汚泥(杭泥、セメントミルク混じり泥土等)を現場内で中性固化し、改質土を場内において自ら利用することにより、建設汚泥の処理コストを低減します。

改質のメリット

①建設汚泥を現場から搬出する必要がないため、専用運搬車の使用がなく、周囲の交通障害が生じません。
②建設汚泥を現場内で改質、再資源化することにより、埋め戻し土や盛土として有効に活用ができます。
③杭泥を集積して短期間での改質や泥状のままその都度の改質等、現場条件、作業条件に合わせたシステムが選択できます。
④改質土は土壌環境基準値を満足し安全です。(ただし、汚染土壌は除きます。)

杭泥の種類

①オーガ掘削等による軟弱な泥土
②場所打ち杭工事により発生するベントナイト混じり泥土
③PC杭工事(ニーディング工法等)より発生するセメントミルク混じり泥土
④ジェットグラウト、SMW工法等の深層地盤改良により発生するセメントミルク混じり泥土
⑤石油井掘削工事により発生するザク処理

セメントミルク混じり泥土

セメントミルク混じり泥土

水路施工例

自硬性泥土

杭泥改質施工概略図

(杭泥を集積して短期間で処理をする場合)

杭泥改質施工概略図
泥土をホッパー周囲に集積

泥土をホッパー周囲に集積

固化ユニットシステム全景

固化ユニットシステム全景

改質後ベルコンにて排出

改質後ベルコンにて排出