流動化処理土(京浜島プラント)

地下鉄建設の技術から生まれたMソイル(メトロ開発株式会社製造販売)は100万㎥を越える出荷実績を誇るだけではなく、その技術と品質が多くのお客様に高く評価され、「首都東京」のインフラ整備と環境リサイクルに大きく貢献してきました。
株式会社冨士機はメトロ開発株式会社のパートナーとしてMソイル製造を担当してまいりましたが、2014年3月を以って、メトロ開発株式会社新木場リサイクル工場は閉鎖となり、多くの関係者様からMソイルを惜しむ声が寄せられました。
株式会社冨士機はその声と期待を受け、Mソイルで培われた技術と品質のDNAを引き継ぎ、新たにM&Fソイルを誕生させました。

標準品の他に低強度、高比重などのお客様のご要望に応じた特殊な注文にも対応しますのでなんでもご相談ください。

用途に応じた設計と厳密な品質管理により、M&Fソイル1号、2号、3号及び高規格M&Fソイルを製造しています。

種類 M&Fソイル1号 M&Fソイル2号 M&Fソイル3号 高規格M&Fソイル ※
用途 道路下埋戻し 道路下埋設物
周囲埋戻し
民間用地埋戻し 路下基礎底面・
代替え基礎、
余堀部基礎梁・
インバート材
施工 ポンプ打設・
シュート打設
ポンプ打設・
シュート打設
ポンプ打設・
シュート打設
バキュームによる
流し込み
ポンプ打設・
シュート打設
一軸圧縮
強度
材齢28日
N/c㎡ 13~55以下 13~55以下 13~55以下 60以上
N/m㎡ 0.13~0.55以下 0.13~0.55以下 0.13~0.55以下 0.6以上
kgf/c㎡ 1.3~5.5以下 1.3~5.5以下 1.3~5.5以下 6以上
kN/㎡ 130~550以下 130~550以下 130~550以下 600以上
フロー値 mm 180~300 180~300 180~300 180~300
処理度の密度 t/㎥ 1.50以上 1.35以上 1.20以上 1.50以上
ブリージング率 1%未満 1%未満 1%未満 1%未満

※ その他強度に応じて設計致します。

流動性がよく、填充性にすぐれている点です。その流動性の検査にはフロー試験が用いられ、緻密な品質管理を行っています。M&Fソイルは、ちょうどモルタルのような柔らかさです。

特殊セメント系固化材を使用することで強度発現が他社製品に比べて早いのも特長です。

生コンに比べてコストが安く、作業員が少なくて作業ができます。

転圧不要のため、砂の埋戻しに比べ、工期が短縮可能です。

良質の粘性土を使用し、砂質土と比率調整を行い製造された泥水をベースに、多様な配合調整を行っているため、様々な製品の製造が可能です。

流動性が高いのでバキュームによる施工が可能なことや填充の確認がし易いというメリットがあります。

●日曜日を除く、24時間対応可能な体制を完備しています。
●立地条件が良い。プラントが、首都高速に近く、23区内への納入に有利です。

M&Fソイルは流動化処理土専用アジテータ車でお届けします。輸送中もドラム内で撹拌されるため、分離やフローロスが少なく、現着での安定した品質を確保できます。

冨士機のM&Fソイルは、調整泥水に特殊セメント系固化材を混練し、用途に応じた設計と厳密な品質管理により製造される流動化処理土です。

①橋台の背面埋戻し
②建築物側面の埋戻し(ビル擁壁)
③地下鉄シールドのインバート部への利用
④埋設管周辺の埋戻し(上下水道管、ガス管等)
⑤開削トンネルの側部、上部の埋戻し

⑥共同溝の側部、上部の埋戻し
⑦路面下空洞の填充
⑧老朽埋設管填充
⑨解体工事の地下躯体への填充

もっとも多い質問は強度と日数のことです。
M&Fソイル強度発現のグラフを見てみますと一軸圧縮強度は、3日目から基準値に達し、7日間で最高25N/c㎡に達し、十分な強度となります。
これは、特殊セメント系固化材を使用しているからです。